SDFヌードル

インスタントラーメンは自衛隊員の間で第三の戦闘糧食と呼ばれるほど人気があり、中には配給された糧食を残しても、自腹で買ってきたインスタントラーメンを食べる隊員もいるそうです。 また厳しい演習時の増加食にもよく配られますが、これまでは色々な市販品が利用されていました。
しかし2005年辺りからちらほら出回るようになったのが、今回紹介する自衛隊向けカップラーメン、その名も「SDF」!
SDFはもちろん「Self−Defense−Force」の略で、これが自衛隊向けと呼ばれる所以です。
写真を見て分かるとおり、SDFはNISSIN製カップヌードルのパッケージを変えた物で、基本はカップヌードルととあまり変わりません。
インスタントラーメンは日本が誇る、世界中で愛されている発明品であり、その中でもカップヌードルは2006年現在、35年以上もの間変わらず愛され続けている定番中の定番!  早速カップヌードルとSDFを比べて見ましょう。

上蓋の表示印刷は、基本的に商品名以外大きな違いはなく、製造工場も全く同じのようです。



ラッピング開封兼蓋押さえのシールの印刷も違います。
SDFの方はレジで商品情報を読み取るバーコードが付いておらず、つまり市販を前提としていない事が伺えます。
やはり納品先は自衛隊に限定されているのでしょう。


蓋をあけて中身を確認した所
コレはビックリ!こんな所に市販カップヌードルとの差を発見してしまいました。 写真を見れば一目瞭然ですが、SDFは明らかに具が少ない!!
海老やねぎの大きさもまるで違い、材料自体がSDF用と市販カップヌードル用とでは分けられている事が伺えます。
麺自体は見た目にあまり違いはないようですね。 でも気になったので調べてみると、栄養成分表にはっきり違いが書かれていました。
SDF(73g) カップヌードル(77g)
エネルギー 352Kcal
タンパク質 8.8g
脂質 16.5g
炭水化物 42.3g
ナトリウム 1.9g
(めん・かやく 0.9g)
(スープ 1.0g)
ビタミンB1 0.18mg
ビタミンB2 0.21mg
カルシウム 101mg
エネルギー 364Kcal
タンパク質 10.1g
脂質 16g
炭水化物 44.9g
ナトリウム 2g
(めん・かやく 1.1g)
(スープ 0.9g)
ビタミンB1 0.20mg
ビタミンB2 0.25mg
カルシウム 106mg
コレを見ると、SDFの方が全体量が少し量が少なく(多分麺の分量は同じで、具が少ない為だと思われる)その分カロリーも少ない。
また塩分濃度を表わすナトリウムが、具については中身が少ない分、SDFの方が少ないのは道理です。しかしスープは同量だと思われるにも関わらずナトリウム含有量がSDFの方が0.1g多いと言うことは、その分濃い味付けがされている事を表わしています。 つまり肉体労働で汗を流す自衛隊員には塩分が必要になり、その為に少し濃い味付けにされているのでしょう。 やはり伊達にSDFの名を名乗っているわけではなさそうです。
具が減らされているのは、増加食の予算が自衛隊法で厳密に決められている故、納入価格を下げる為に仕方がなかったのでしょうね。 これも税金で賄われているのですからしょうがありません。

さて、お味の方ですが、やっぱりカップヌードルとなんら変わりはありませんでした。 塩分濃度の違いなど、お湯の入れ方一つで変わるので、殆ど気になる事は無いでしょう。
流石に製法も35年前と殆ど変わっていないので、スポンジのような食感の平べったい麺は、最近の生めんタイプの物と比べれば野暮ったい気もしますが、余分なゴミ(麺や具を個別にパックした物)を出さないこのタイプがベストなのでしょうね。
現在ベーシックなしょうゆ味しかメニューを確認していませんが、カップヌードルにはご存知のように様々なフレーバーが用意されています。これからのメニューバリエーションに期待。


トレーニングレーション