協働運営スタート交流会  2017-6-18
 
協働運営スタート交流会
これまで公設公営だった平塚の市民活動センターが、今年度からNPO団体との
協働運営となり、今日は交流会におじゃましてきました。
 
 復興庁・顕彰のW受賞!  釜石で想いをカタチに  商店街活性化に向けて  パートナーは社協さん
  釜援隊隊長 二宮 雄岳さん

 釜石リージョナルコーディネーター(釜援隊)とは、住民・行政・企業・NPO…まちづくりに関わる様々な人や組織をつなぎ、官民一体の復興まちづくりを推進する「まちづくりの調整役」です。
 ハードの復旧などに関する合意形成では、関係者のコミュニケーションを円滑にする仲介役に。まちのにぎわい再生に向けた地域行事・市民活動では、住民と一緒に汗をかきながら、必要な資源を 集める伴走者に。ヨソ者・半官半民の立場を活かし、そこに住まう人々を、黒衣(くろこ)としてアシストします。
活動を紹介しているテレビ番組はこちら
   
HOME