000000
きのこ複数画像掲示板
きのこ

[トップに戻る] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
URL
題  名
先頭画像
コメント
画 像 1
画 像 2
画 像 3
画 像 4
画 像 5
投稿画像の数を変更できます→ (画像の参照はクリアされます)
削除キー (英数字で8文字以内。自分の記事を修正・削除できて便利です)
文字色

きのこ掲示板

文字を大きく表示するように変更しました。


変種ヨツシベヤマネコノメ。  投稿者:山荘主人 投稿日:2017/03/30(Thu) 22:01 No.5716

下記報告にもあるように、ヨツシベヤマネコノメを品種から変種に格上げ
した韓国の論文を、28日、小田原の4しべ型での写真で検討してみた。

「茎の部分は地を這う・・」とあるが、
・確かに地を這うものも有るが、
・直立するものも多い。

「雄花(雄性花)と雌花(雌性花)が有る・・」と有るが。
・花序の花は全て結実している。
・中心部の花から結実するのは確か。周縁部の花が未結実のものもたくさん。
これが結実しなければ雄花と認めざるを得ない。室内で観察を続けることにした。



2日ぶんまとめて。  投稿者:山荘主人 投稿日:2017/03/30(Thu) 17:25 No.5714

きのうは埼玉の東京電機大構内へ。ここは時々勝手にお世話になる。
・これは古いがコマタケだぞ。必ずマテバシイ根際に出る。
 南方系キノコだが温暖化でどんどん北上している。以前は関東には無かった。
・落ち葉をどかすとクヌギタケ属菌。やはりこの時期これしか無い。
・草むらにシュンランのそう果が見える。
・付近を探すとこんな花数の多いやつが居た。





Re: 2日ぶんまとめて。  山荘主人 - 2017/03/30(Thu) 20:12 No.5715

きょうは横浜緑区の四季の森公園。
・園内数か所でトガリアミガサタケを見ることができた。
・うれしい事にオオセミタケも出た。

・陽当たりのいい土手のアマナが咲いた。
・今季初めてのマルバスミレ。



ヤマネコノメソウ 再び  投稿者:山鳥 投稿日:2017/03/29(Wed) 19:00 No.5711

こんばんは、
ヤマネコノメソウのシベ8つ、
見つかりました。
友人が広島県三次市吉舎町のキャンプ場で、
車道沿いに一面有ったそうです。





ヨツシベヤマネコノメ。  山荘主人 - 2017/03/29(Wed) 22:06 No.5712

ありがとうございます。やっと御本家8しべ型に登場いただきました。

雄しべ4本のもの、古くヨツシベヤマネコノメChrysosplenium japonicum(Maxim.)Makino f.tetrandrum H.Haraという品種で発表されました。
雄しべ4本で小型であるという特徴は、種内の変異であるとしてほとんど認められませんでした。

2004年、韓国で、ヨツシベヤマネコノメがChrysosplenium japonicum(Maxim.)Makino var.tetrandrum(Hara)Y.N.Leeとして品種から変種に格上げされました。
どんな理油だろうと記載文を取り寄せて見ました。
なんと、雄しべ4本意外に、雄花、雌花が有ると言っています。あとは茎が(直立せず)地を這う・・と。

記述がどうも一致しないのですが。
日本でもこの変種を認める見解が有力なので、これからこちらのもの、なんとか調べてみます。
(さっき山鳥さんパソコンにメール出したら戻ってしまいましたが、アドレス変更してませんよね?)





Re: ヤマネコノメソウ 再び  山鳥 - 2017/03/29(Wed) 23:57 No.5713

ゴメンなさい。メールアドレスを変更しています。
メールを送りました。


日本地下生菌研究会。  投稿者:山荘主人 投稿日:2017/03/27(Mon) 21:02 No.5710

・昨年発足した「日本地下生菌研究会」略称JATS、第一回総会が25日神奈川県博で行われた。
・総会に引き続き講演会。基調講演はオーストラリアからの留学生ビズさん。
 オーストラリア大陸の気候の乾燥化と、トリュフ類の地下生化が関連している事を
 分子系統学で説明してくれた。

当日出席の山本航平氏から、下記25日静岡の地下生菌に着いて指摘が有った。
・ツチダンゴとしたもの、厚い外皮断面が網目状。これはアミメツチダンゴ。
 しかも黄色い菌糸束をまとっているのはハナヤスリタケに感染しているとのこと。
・ツヅレシロツチダンゴ、柄が有るのかと思ったら、なんとこれはサキブトタマヤドリタケ(山本仮称)であった。
山本航平氏、山荘画像掲示板にも登場しておなじみだが、
今年信州大学で博士号取得、これからの活躍が期待される。



今季初ウラベニガサ。  投稿者:山荘主人 投稿日:2017/03/24(Fri) 21:46 No.5709

明日は去年設立された「日本地下生菌研究会」の総会。
全国から出席者が来るので、手土産に「コウヤク金Glomus」採取に新治市民の森」杉林へ。
・盛期は過ぎていたが採取はできた。
・早生のウラベニガサが出るのを思い出し行って見たら、もう干からびていた。
 相当早く発生したらしい。
・少し離れて新鮮なものが出ていた。日向で陽にあたっているものは色が白い。
・日影のものは黒い。人間と逆だ。

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298]
投稿画像の表示サイズを変更できます
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(削除キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。お気軽にドーゾ。

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50 :Edit by Yamamoto -