000000
きのこ複数画像掲示板
きのこ

[トップに戻る] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
URL
題  名
先頭画像
コメント
画 像 1
画 像 2
画 像 3
画 像 4
画 像 5
投稿画像の数を変更できます→ (画像の参照はクリアされます)
削除キー (英数字で8文字以内。自分の記事を修正・削除できて便利です)
文字色

きのこ掲示板

文字を大きく表示するように変更しました。


松林に1月に生えるきのこ  投稿者:まり 投稿日:2016/01/17(Sun) 18:41 No.4851

このきのこ達の名前はなんですか?


特徴は、
・松林で、草が生い茂る、夏秋はイグチ科アミタケが沢山取れる場所で発見。
・松の近く(土の上)に出ていた。
・柄が結構しっかりしていて簡単にぬけた。五センチくらいの長さで細い。
・笠は柔らかい。直径2〜3センチ
・きのこらしいいい匂いがする。

こんな感じです。





Re: 松林に1月に生えるきのこ  まり - 2016/01/17(Sun) 18:52 No.4852

追加します。





Re: 松林に1月に生えるきのこ  山荘主人 - 2016/01/17(Sun) 21:27 No.4853

へえ、こんな真冬にキノコが出ましたか。
山荘付近はこの時期はなんにも出ませんが。冬、松林に出るヌメリガサ科のフユヤマタケというキノコが有ります。
図鑑の写真とは少し違和感がありますが、フユヤマタケかその仲間のキノコだと思います。




Re: 松林に1月に生えるきのこ  まり - 2016/01/17(Sun) 22:22 No.4854

はい、いろいろなところで探してます笑
きのこがいないと寂しいですよね…

フユヤマタケですか!
わからなかったので教えてくださってありがとうございます♪ヽ(´▽`)/


土団子から出たキノコ。  投稿者:山荘主人 投稿日:2016/01/13(Wed) 23:10 No.4848

久々KYさんが登場したので思い出した。
・暮れの12/16、天覧山でみた土団子から出そうなキノコ。
 関東の里から山まで至る所に見られるElaphomyces mutabilis近縁のツチダンゴ。
 今まで菌生菌にはヤラレないと思っていたが。

・持ち帰りカップ内で飼っていたら、ブツブツと子嚢殻らしきものが出来てきた。
・つまんでみたら子嚢殻は作っている。
・胞子は全然見えない。
もう少しガンバってみるとするか。





不完全菌Polycephalomyces。  山荘主人 - 2016/01/16(Sat) 20:56 No.4850

ちょうどいいタイミングで不完全菌のPolycephalomycesを見つけた。
落ち葉に埋まった木片を引っ張りだしたらたくさん付いていた。
虫草の不完全世代で、マユダマタケなんかと同じ仲間。変形菌に寄生しているのを何回か見たが。

・材から直接発生しているように見えるもの。
・膏薬状の菌体から発生しているのかも。
・材分解の腐生能力は無いはず・・。
・柄の根元、やはり菌体のようだ。



菌寄生チャワンタケ。  投稿者:山荘主人 投稿日:2016/01/10(Sun) 20:09 No.4839

唇型をした面白い子嚢菌、Rhytidhysteronの上に寄生するとされている、Unguiculariopsisを見たいと思っていた。
Rhytidhysteronは時々見かけるが、どうしてもUnguiculariopsisは見つからない。
7日、久々親方が信州の山から下りてきたので入生田の山を歩く。

・ミカン畑の剪定の枝捨て場に、小枝上にRhytidhysteronが出ていたので持ち帰り。
・ビニ袋の中で湿らせておいたら、いつも閉じている唇が開いた。このエンジ色の盤、Rhytidhysteron ruflumだ。
・同じ小枝上各所に小さなチャワンタケも。ん?Unguiculariopsisに似てるけど・・。
・この球形胞子、Unguiculariopsis raveneliiだ。
Unguiculariopsis ravenelii、Rhytidhysteronに寄生したり、単独でも生きていけるのか。要継続調査とする。





Re: ケカビ寄生ケカビ。  山荘主人 - 2016/01/15(Fri) 20:38 No.4849

この日親方と一緒に、落果ミカンに発生するイトエダケカビ、Chaetocladium jonesiiを探したんだが見つからない。
・たまたまT氏がテンの糞を持参したら、そこからイトエダケカビ別種、C.brefeldiiが発生していた。
・Chaetocladiumというカビは面白い。ケカビに寄生するケカビ。仲間を食って生きている。
 糞から最初に発生したケカビMucor flavus、次に発生したChaetocladium brefeldiiの菌糸が前者に接触すると、
そこから入り込み養分を奪う。
 黄色く膨らんでいるのが接触点。
・接合胞子は見つからなかったので、ミカンの皮から発生した普通のケカビの接合胞子パシッ。
 



りっぱなエノキタケ  投稿者:ひかる 投稿日:2016/01/11(Mon) 22:56 No.4841   HomePage

よくわからない植物がいくつかあるので、ここに投稿しますね。

・りっぱなエノキタケが群生してました。
・同上
・同上
・スギ林で、オレンジの塊が。周囲にはイヌガヤも。
・割ってみたら幼虫が出てきた。





Re: りっぱなエノキタケ  ひかる - 2016/01/11(Mon) 23:00 No.4842   HomePage

植物です。

・ワタでしょうか?
・同上
・カンアオイでしょうか?
・カンアオイ?の花
・アザミの仲間の葉。あまり見かけない感じだったので。





Re: りっぱなエノキタケ  ひかる - 2016/01/11(Mon) 23:04 No.4843   HomePage

というか、ここってきのこの掲示板なのに、植物投稿してなんか申し訳ないです(^^;

・キク科の・・タンポポじゃないけど。名前を忘れちゃった、なんだっけ...
・葉とかの写真は撮り忘れてた。
・フキノトウが。
・アラゲコベニチャワンタケ、これもscutellataなのかな...





Re: りっぱなエノキタケ  山荘主人 - 2016/01/12(Tue) 20:23 No.4844

この掲示板、キノコ、植物、そのほか何でも結構ですから。
ワタ、カンアオイの花、次は良くわからない。キク科の花はノゲシでしょう。

アラゲコベニチャワンタケ類。県内外の一部だけの調査ですが、材上のものは海岸から富士山まで
ほとんど普通のアラゲコベニチャワンタケ(scutellata)でした。
(顕微鏡下で胞子の形だけの判断で。DNAで見ると別種があるでしょうが・・。)
地上生だと別種がたくさん見られますから地面を探してください。




Re: りっぱなエノキタケ   K.Y - 2016/01/13(Wed) 19:05 No.4845

スギ林のオレンジの塊は山荘主人様の得意分野、「膏薬グロムス」ではないでしょうか?
よく見ると土に紛れて大型の胞子が形成されているような…
最近京都でも採集したので、結構広く分布しているみたいです。
同じような幼虫が出てきた事例は前にもありましたね。関係が気になります。




Re: りっぱなエノキタケ  山荘主人 - 2016/01/13(Wed) 21:29 No.4846

あれっ、KYさん、某学芸員と南の島じゃなかったの?
ひかる君のオレンジの塊り、何の虫の巣かな、と思っていたけど。
よく見たらおっしゃるとおりのグロムスですね。
今月からあちこちの杉林に出始めた、「膏薬金グロムス」ですね。
虫が食べにくる?
この写真、日曜日、新治市民の森で撮ったものです。





Re: りっぱなエノキタケ  K.Y - 2016/01/13(Wed) 21:56 No.4847

南の島は今週末からです。
今年は暖冬で雨もそこそこ降っており、面白いものが見つかるのではないかと期待しています。


根っこだった  投稿者:ポンチ 投稿日:2016/01/06(Wed) 15:59 No.4830

今年初めて千葉方面へ出かけたのですが、何かあるかと思ったら、結局何にもない。
以前「オナガグモ」からキノコが出ているものに出会っていて、そんなものかと思ったら、どうやら普通の根っこのようでした。
誰かの卵だの、幼虫がカビたものなどはあったけれど、なにも見つけられず。





Re: 根っこだった  山荘主人 - 2016/01/06(Wed) 20:06 No.4831

たしかに根の末端ですが。
白く見えるのは何か菌糸がからんでいるんでしょうね。




Re: 根っこだった  ポンチ - 2016/01/06(Wed) 20:42 No.4832

ここは『ツブノセミタケ』が出たり『トビシマセミタケ?』のような奴が出たりする場所なので、この季節でも何か出るのかと思っていたのですが、どうも木の根っこらしい。
こちらの最初の画像も根っこ。
2と3は誰かの卵と、毛深い虫ではあるようですが、なんだかわからない。
期待していた明瞭なものはいませんでした。





Re: 根っこだった  山荘主人 - 2016/01/07(Thu) 22:54 No.4833

寄生蜂のマユに見えますね。3枚目には食われた毛虫の頭かな。
毛虫が寄生蜂に卵を産み付けられ、孵化した幼虫にどんどん食われ、
食い尽くし終わった幼虫がマユを作った、と考えるのはどうでしょう?
でもなぜ根っこにくっついてるのかわかりませんが。
「寄生蜂、繭」で検索してみてください。




Re: 根っこだった  ポンチ - 2016/01/08(Fri) 18:25 No.4835

そう言えば、幼虫に卵が産みつけられている姿というのも以前見ています。
こんなに毛だらけの奴ではありませんでしたが。
なるほど、そんなものなのかもしれませんね。
変な奴ばかり。

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298]
投稿画像の表示サイズを変更できます
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(削除キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。お気軽にドーゾ。

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50 :Edit by Yamamoto -