000000
きのこ複数画像掲示板
きのこ

[トップに戻る] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
URL
題  名
先頭画像
コメント
画 像 1
画 像 2
画 像 3
画 像 4
画 像 5
投稿画像の数を変更できます→ (画像の参照はクリアされます)
削除キー (英数字で8文字以内。自分の記事を修正・削除できて便利です)
文字色

きのこ掲示板

文字を大きく表示するように変更しました。


極小のチャワン。  投稿者:山荘主人 投稿日:2014/03/05(Wed) 14:40 No.2379

今日は朝から終日雨予想で外出できない。
雪解け杉林でGlomus菌を探していた時拾ってきた、
極小のDisco.類を顕微鏡で覗いてみた。

・シラカシの落ち葉の黒く変色したものに
 ポツポツとチャワンタケらしきものが見える。
 葉裏に多いが表側にも発生している。
・0.5mmくらいの白いワン、白い柄は下部で細まり根元茶色。

・極小菌のわりに驚くべきほど大きな胞子を持っている。
 子嚢頂孔はメルツァーで染まる。
・良く見えないのでフロキシンで染めて見た。
 粒子がまとわりつくが、15〜18μm長の楕円。2個の油球。
 





杉ボックリ。  山荘主人 - 2014/03/05(Wed) 14:49 No.2380

・松ボックリならぬ杉ボックリに、ルーペでないと見えないくらいのチャワンタケが付着。
・上記チャワンよりさらに小さく、0.3mmくらいか。
・子嚢頂孔はこれもメルツァーで染まる。
 フロキシンで染めて見ると、10〜13μm長の少しいびつな紡錘形。



新治市民の森。  投稿者:山荘主人 投稿日:2014/03/02(Sun) 18:53 No.2378

月例の新治キノコ観察。
朝から小雨、寒いので参加者7人。

・キクラゲの幼菌が出ている、と思ったらフクロシトネタケ属菌の出始めだった。
 フクロシトネタケかオオシトネタケかはまだわからない。
・おきまり、ツバキキンカクチャワンタケ。
・あちこちの杉林にはキチャワンタケが出ているが、ヒノキ林からも出ていた。
 杉林のモノより大型だが、生育環境の違いだろう。



今日の落ち枝拾い。  投稿者:山荘主人 投稿日:2014/02/28(Fri) 23:12 No.2376

今日も鎌倉広町緑地で落ち枝拾い。

・太さ2cmくらいの茶色の枝が落ちていた。
・0.3mmくらいの子嚢殻が密集。トゲに覆われる。

・子嚢殻をつぶすと、ドッと子嚢が飛び出た。
 この時期、子嚢が有るとは珍しい。
・先がふくらんだ子嚢に、25μmくらいのソーセージ型胞子が2列に収まっている。





レカノラ菌が寄生?  山荘主人 - 2014/02/28(Fri) 23:24 No.2377

・子嚢殻が密集した中に、ルーペでやっと見える0.3mm〜1mm径の黒いチャワンが点在。
 先日のレカノラ菌よりは小さいが、Dactylosporaと直感。
 菌寄生菌を思わせる出方だ。

・当たりー。D.stygiaのようだ。
・分厚い子嚢の先端部がメルツァーできれいな緑色に染まる。



落ち枝拾って、  投稿者:山荘主人 投稿日:2014/02/26(Wed) 20:28 No.2374

山荘主の徘徊範囲はまだ先日の雪が地肌を覆い、キノコも花も見えない。
道ばたの落ち枝を拾うと、何となく菌類らしきものが付いている。

・太さ1.5cmくらいの小枝。何となく黒い毛が有るようだ。
・材の皮を突き破って、1点から高さ1mmくらいの糸が20本くらい束生しているようだ。

・糸の巾は15μm、無数の隔壁、あれれ、分生子が見える。
・分生子、70〜100μmの多細胞(10細胞のようだ。)頭が黒く急激にくびれる。
 不完全菌のようだが。
 分生子図鑑というものが有れば正体を追えるんだが・・。





これも落ち枝。  山荘主人 - 2014/02/26(Wed) 20:43 No.2375

・これは少し太い材。
 表面にポツポツと何か見えるのでナイフで剥ぎ取る。
・ルーペで見ると表面に円形のカルデラ。
 カルデラの中央部はこれまた高さ1mm位の円錐型の黒い山。

・黒い山は子嚢殻だったようだ。
 つぶすとドッと子嚢、子嚢胞子が飛び出た。
 子嚢頂孔はメルツァーで青く染まる。核菌綱の菌のようだ。
・胞子は13〜14μm長の有色楕円形、油球2個のものが多い。



分生子だった!  投稿者:山荘主人 投稿日:2014/02/22(Sat) 08:43 No.2373

下記に載せたトゲ子座菌、Tympanopsis acanthostroma、親方に聞いたら
AcanthonitchkiaやScortechiniaの類縁種の可能性も有るとのこと。
子嚢、胞子等の検討が必要で、菌糸だけでは同定不能らしい。

山荘主、短期間での確認は、コナラ、ヤマザクラ、シラカシ・・はては杉材にまで発生。

・2/13の厚膜胞子、これなんと不完全菌デマチウム科の分生子だと。
・2・17四季の森公園のもの、クロサイワイタケ科やタコウキン科の菌と同居。
・トゲ菌糸中に、2/13と同じ分生子がたくさん見られる。
・16細胞位で構成の様だ。80〜120μmと巨大ミミズ。

この分生子、トゲ子座菌テレオモルフに対するアナモルフとは限らないようだ。
このデマチウム菌(Dematiaceae)が寄生したり、単に傍に同居している可能性も有る。

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298]
投稿画像の表示サイズを変更できます
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(削除キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。お気軽にドーゾ。

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50 :Edit by Yamamoto -