溜め糞カキノミタケ

今年はカキノミタケの出が悪い。去年は3本見ると2本は出ていた。
山荘主のフィールド、今年は柿の裏年、自然界のバランスなのか?


「タヌキの溜め糞にはいっぱい出てるよ!」と聞いて案内してもらった。
最初の糞場。
この糞場は1個だけ。
2番目の糞場。
どちらの糞場も土中に無数のセンチコガネ、タヌ糞をきれいに分解、土俵状になっている。

有る有る、黄色いソーメンがたくさん出ている。
待望の子のう果状のタマタマも。
新鮮な分生子を付けた新しいものも。
ソーメン状、角状は分生子柄束。
球状のものが子のう果予備軍。

いずれも柿の種子の胚乳部分から種皮を破ってキノコを出す。

珍しく種皮全体から分生子を出しているものも。

タヌキの胃液で大分消化されたのかも。