更新=2015.05.27 
リンクのページの看板@
 開設=1999.05.01 

杉村画廊は絵だけのホームページで恐縮ですが、リンクのお仲間を増やしたいなと願っていますので、どしどしご連絡をお願い致します。(2000.2.26)

左欄のボタンをクリックするとリンク致します
(杉村画廊のリンクボタンはこのページの最後部にあります)


リンクの始めから(絵の関係)




by 池坂 忠
ようこそ水彩画の部屋へ
私の絵と違って水彩画らしい水彩画が中心のページで、 特に植物画法による植物の絵は魅力的です。
その画法をベースにして風景画にもジャンルを広げられ、更に先生につかれて 手早くスケッチする画法にも挑戦されています。
わたしは撮って来た写真やビデオを見ながら絵を描く、 邪道の画法ですが、彼は現地でスケッチを大事にされ、 それをもとに仕上げられるので敬服しています。 (1999.5.1,Y.S.)


by 古城 守一
多趣味人間やまとの世界
とにかく何でも挑戦しようという猛烈熟年男性です。
「濡れ落ち葉に絶対ならないと」決心をして、いろいろと多彩な活動の記録には、同じ熟年として 励まされます。
日経ネットナビ主催の「ホームページ大王1999」で「シニア部門次点」になられました。(2000.1.15,Y.S.)


by 田中 千尋
水筆ペン水彩画のホームページ  四季水彩
筆洗不用の「水筆ペン」考案者のHPです。水筆ペンの使い方や水筆ペンによる作品が紹介されています。 小さな作品やスケッチには欠かせない筆だと思います。(1999.11.13,Y.S.)
メールアドレスは nq5c-tnk@asahi-net.or.jp です。


by 楢崎 清春
ならざき清春の水彩画帳
油絵を描いておられたそうですが、オランダで透明水彩に感銘を受けられてから透明水彩画法で 風景、静物、花、鳥などの作品を描いておられます。著書に「水彩で描かれた静物たち」(グラフィック社) もあります。なにより毎週「これこそ水彩画」といえる新しい作品が楽しめますよ。 (1999.11.20,Y.S.)

by 水野 暉久
水野家のホームページ
「てるちゃん」こと水野さんは私と同じ町の住人で水彩画らしい水彩画を描かれるだけでなく、 写真あり、独自の観光ガイドあり、人物研究もあり、あげくは同居中の猫ちゃんの紹介まで 楽しめます。気楽にのぞける楽しいページですので宜しく。(2000.1.8,Y.S.)


by 長谷川 隆
長谷川隆の水彩画廊
失われていく日本の田舎の風景・・・・・ずっと昔の子供の頃の思い出に重なって来る懐かしい絵です。 私の画材は人間が造ってきたものが中心ですが、彼は逆に大地を大切にする母のような絵です。日本人なら誰でも そうだ、こうだったのだと納得できる絵です。一見をお勧めします。 (2000.1.22,Y.S.)


by 中村 瑞穂
Welcome! to Mizuho Nakamura's
私より2日だけ兄貴分の中村さんは私と違ってきちんと絵の勉強をされ、油彩も水彩画も見事にこなされます。 特にユニークなのは各地の大きな楠の木を躍動感溢れる画法で描かれたシリーズです。 私の生まれ故郷にも「高羽の楠」というでっかいのがあったのを思い出します。是非ご覧ください。 (2000.2.12,Y.S.)




by 黒田 恵朗
Dessin Note "Pera Pera's"
私のリンクに登場するマウス画第一号です。私にはマウスで風景画を描いてみようというような発想はまったくなかったのですが、 拝見して見るとなかなか根気の要る作業だろうなと感心させられました。油絵タッチを目標に描いておられ、動くことが特にお好きなようで至るところに 自作のアニメが登場してきます。肩のこらない楽しんで見れるページです。 (2006.2.5,Y.S.)



by 渡瀬 清隆
POOR ARTIST
「下手でも上手になろうと頑張ると楽しい。練習を重ねればどんなことでもうまくなるぞ」と 日ごろ生徒に言っておられることを自分に課した趣味のページ。本人のおっしゃる”POOR”とはおよそ違った 鉛筆画、水彩画、はがき絵が見れます。次女のもえさん(14才)のペイント遊びの紹介もついてます。 (2000.4.1,Y.S.)



by 飛岡 文夫
五百羅漢の独り言
パソコン絵画も水彩画も油絵もなんでもこいという方。わたしと同じく1993年から単身赴任をされたことを契機に絵を始められたとのこと。 違うのはその地で複数の先生方について基礎からがっちりと勉強されたこと。色々な作品展で賞を貰われていること。
絵だけだなく俳句やエッセイに家庭菜園から園芸まで多趣味のページです。 (2000.4.15,Y.S.)



by 横井 新治
新治・和乃のインターネットギャラリー
今から7年前に教職勤めを定年退職しました。その後情報伝達手段も大きく変わり、今や、世界はインターネット時代・・・・パソコン好きの私と、日本画を描く妻とで開いているギャラリーです。私ども夫婦と、私どもの友人・知人が描いた絵画や撮影した写真の展示、お互いの関係する研究・活動・発表などもおりまぜて広くご紹介させていただきます。 (S.Y.)ぜひご覧下さい(2000.4.22,Y.S.)

by 三村 清志
水彩の世界へようこそ
自称日曜日しか描かない正真正銘の「日曜画家」だそうです。
年齢不祥。お勤めになっている会社の社内報の表紙を担当され それに掲載された岡山近辺の風景画の水彩作品を展示中です。 「希望の絵がありましたら、絵をご指定下さい。先立つ物と暇の有る限り全員にプレゼントします」という プレゼントつきのページで、私はカレンダーを頂きました。(2000.5.20,Y.S.)


by 若松 倫夫
若松倫夫のスケッチ
私はくどくどとおよそ水彩らしからぬ描き方しか出来ませんので、絵をさっと描かれる方には頭があがりません。 スケッチがこんなに描ければいいなと眺められるページです。人物、植物、自然観察、風景などありますが中でも自然観察の中の「私版植物図鑑」には 約300種の植物があり楽しめます。植物のお好きな方は是非どうぞ。 (2000.5.27,Y.S.)


by 出口 彰
AKIRA'S Watercolor Gallery
出来立てのほやほやのページです。水彩画を描き始めて約10年だそうです。 最初は、はがきに淡彩スケッチをされていたそうですが、透明水彩の色彩の美しさにひかれ、 1995年頃から独学で水彩画を描くようになられたそうです。 最近1年のヨーロッパや国内の風景画が 展示されています。お仕事(建築の設計)がうかがえるような絵です。(2000.6.10,Y.S.)


by 中内 渚
Nagisa's Sketches & Drawing
私のリンク先で最もお若い方のページ。多くの趣味をお持ちですが、中でも「スケッチ」に最も魅せられている 感じ。ご本人の紹介では「スケッチは私の人生を、何でもない物を、最大限輝かせる素敵な魔法。」と。 このページには、その魔法にかかった輝かしい宝物たちがディスプレーされています。
ちょっと覗いてみませんか? (2000.6.17,Y.S.)


by 林 義久
りのんと水彩
2000年の2月22日(お誕生日だそうです)に誕生した新しいページ。子供の頃は漫画家になるのが夢とのことでしたが 夢は叶わなかったようです。もともと絵がお好きだったのでしょう、昨年の秋頃から透明水彩にのめりこまれたようです。研究熱心というか、 もともと素質があられたのか短期間のすごい成長振り。その成長性を買ってリンクさせて頂くことにしました。 水彩日記は一読(?一見)されることをお勧めします。 (2000.6.24,Y.S.)


by 菊池 繁
小さな心の絵
私の苦手な里の風景が中心のなかなかすばらしい作品集です。その絵もさることながら作品制作風景の中の制作過程の説明をみてますと創意工夫の 固まりみたいな方のようです。参考になりますよ。また、 コンピュータグラヒックもお好きのようでで、将来3Dの作品も期待できそうです。(2015. 5.00.7.15,Y.S.)


by 早川 富久
早川の水彩画
「昨年末から水彩画を描き出しました。はじめは、一日一枚ってがんばってましたが、とても無理ですね。 それでも、この半年間に描いた物が、100枚を越えてしまいました。」と。 私が7年前に絵を描き始めた時とそっくりです(もっとも私はホームページを持っていませんでしたが)。でもここ半年の成長ぶりは全く別です。すごい絵になりそうです。乞うご期待。 (2000.7.22,Y.S.)


by 早川 史朗
水彩画 Watercolor
今年になって絵を描き始め、この5月にホームページが出来ました。研究心の旺盛な方でよく調べ、試み、描き初めて半年しか経っていない方の 絵とは思えません。私の疑問というコーナーがありますが、私は1つも答えられませんし、そこまで疑問を持ったこともなくのんべんだらりと 描いていたなと反省させられています。作品の委託展示コーナーもありますよ。(2000.7.29,Y.S.)


by 鈴木 賢二
ARTKEN イラストの世界
絵に関してなんとも盛りだくさんのページです。水彩から、アクリル、エアブラシ、切り絵、パソコン画まで、実に器用な方で脱帽。 独特のブルー色の風景画は印象的ですし、線描も極めて緻密でクラシックカーのページを見ていると、とても真似が出来そうにもありませんし、 欲しくなります。肩の凝らない楽しいページです。
是非ともご覧下さい。 (2000.8.5,Y.S.)


by 青木 美和
青木 美和 透明水彩画作品集
透明水彩のすばらしさを満喫できるページです。おさない頃からプロの画家に師事されたそうで、本格的な水彩画を描かれ、 その作品にはなんとも言えない味わいがあります。このページも誕生ほやほやで、現在はごく一部の作品の展示でしょうが、ストックもかなりおありのことでしょうから なんとも楽しみなページになること間違いなしです。 (2000.8.12,Y.S.)


by 岩井 みつる
パソコンアート
「ほんのりしましょう」というコマーシャルがありますが、まさしくそんな 感じの絵を描かれます。感じが大変ソフトでなにか春霞のなかに いるようなホンノリした暖かい気分にさせてくれます。
どのようにして描いておられるのか私には良く分からないのですが、いろいろな 材料や技法をお使いのようです。 (2000.8.26,Y.S.)


by 鈴木 新&薫
スケッチ・ぶらり旅(ヨーロッパ旅情)
私の写真みたいな絵でなく、幻想的な風合いの絵を描かれます。かってJTBのカタログ「旅物語」の表紙に 使われていましたので、「あの絵」だとお分かりの方もいらっしゃると思います。私と違って現地生産型ですから 臨場感とほのぼのとした夢があり、水彩が感じられる絵です。カレンダーもありますよ。 (2003.11.15,Y.S.)


by 入江 賢
入江 賢のアートギャラリー
最近誕生した絵のホームページ。 大阪在住のシニアだそうです。絵に関してはかなりのキャリアの持ち主。私のような駆け出しの勝手気侭で独善的な素人でなく 白亜美術協会や現代水彩画展などにも出展される実力の持ち主です。色彩が綺麗で豊富な水彩画だけでなくCGもすごいですよ。 (2000.12.23,Y.S.)


by 伊藤 春堂
伊藤 春堂の絵画のページ
ユニークな絵を描かれます。どうもCGの方がお好きなようです。左のボタンに使わせてもらった絵「廃材」について 「今此処に静かに横たわっている廃材達、この間までは第一線で 身をすり減らしながら活躍していただろう、私はこの物達に拍手を 送りたい、静かにお休みと。」とのコメントが付いてました。 (2001.1.6,Y.S.)


by 梶村 元二
KAJIの館
なかなか多趣味の方でその上ボランティアまでとリタイヤ後の人生を楽しんでおられます。パソコン画のページもあり そんな関係でお付き合いが始まりました。一口にパソコン画と言っても色々とあるものだなと私が全く 描いた事も無いのでそれぞれ感心しています。左のボタンはその中の1点です。 (2001.1.13,Y.S.)


by 藤木 亘
藤木亘の小さな画室」(奈良大和路スケッチ百景)
長年住まれた奈良周辺の風景を100景を始めとして見ごたえがありますよ。 独特の味わいのある画法で印象的で行って見たくなります。 是非現物にお目にかかりたいと思っていますがまだ果たせていません。早く来い来いです。
インパク参加サイトです。是非どうぞ。 (2001.5.19,Y.S.)


by Koji
koji-kaneda Art-Gallery」
私のような駆け出しと違って 小学生から水彩画を習い始められ現在まで絵を描き続けられている キャリア・アーティストで、質、量ともに、圧倒されます。「感性の絵をご覧頂く・ホ−ムペ−ジです。Kojiが作るArt-Visualの世界をご覧ください。」とのこと。 ご本人の趣味の魚と車(特に古い車)はお見逃しなく。 (2001.6.16,Y.S.)


by 中條 健史
中條健史の水彩画集」
幼い頃から絵の制作に励まれておられましたが1990年から本格的に先生につかれて勉強をされ、 現在は一級建築士としてのお仕事をされながらアトリエを持って絵画教室も 開かれ、個展もしばしば、受賞も多々という大御所です。水彩画の奥深さを 是非ご味わってください。 (2001.6.30,Y.S.)


by 山村 早苗
山村早苗 美術館
1995年の第27回日展に入選された作品「川沿いの家(佃島)」100号を始め油彩による風景画を中心に 紹介されています。まだ誕生間もないページだそうですが、示現会所属のアーティストです。最近は水彩画も 描かれるそうで多彩な才能の発揮されるページに発展されると期待しています。 (2001.8.11,Y.S.)


by 米山 君江
バジルおばさんのヨーロッパ・スケッチ旅
海外の旅のスケッチ・エッセイ、電車の中のクロッキー、 人物や、風景画などのページです。 とにかく、旅すること、絵は見ることも描くことも、文章を読むことも書くことも大好きとのこと。 絵も写真もコメントも楽しめる盛りだくさんなページにますます発展間違いなしです。 (2001.9.1,Y.S.)


by 谷口 悦深
ATELIER J-BOX
生まれたてホヤホヤのイラストを中心としたページで、色鉛筆、透明水彩、ガッシュの作品紹介が あります。インテリア、婦人服などのテキスタイルの企画を行う会社におられたそうですが、最近 独立されました。色鉛筆同盟のメンバーです。猫ちゃんそれも黒猫が大変お好きなようです。 (2002.1.19)


by 紫
Purple Eyes
Purple EyesはOE用のメールひな形のHPです・・・・ JAVAスクリプトで動くひな形を170点以上展示中・・・・ アートギャラリーでは水彩画・インディーズのMP3・マザーグースの世界を展示中・・・・ 紫の部屋にはタイキステラ応援ページも・・・・ 癒し系ひな形サイトをめざしてます♪ (2002.3.9,Murasaki)と。 最近私の絵を使った動くひな形も作ってくださいました。


by 田中 のぶ子
Blue Party
作者の趣味や好きなものは、花の絵を描くこと・折り紙・アートフラワー・エレクトーン・ギリシャ神話・中央アジア(シルクロードを含む)・古代遺跡・ 青色・花・旅行・飛行機・食べること&飲むこと・読書・鳥・散歩&サイクリング etcだそうです。そこから誕生したホームページですから盛りだくさんですよ。 (2002.3.16,Y.S.)


by すずめ
Le moineau すずめのおやど
グラフィックデザイナーの作者のスケツチやレシピやプレゼントもさることながら、 一羽の雀との出逢いと6年間の生活、「ポチくんとの(たぶん)幸せだった日々」( 1995年7月2日、北青山の裏路地の駐車場に、ポチくんは落ちていました。 とてつもなく暑い日でした。2001年4月23日まで一緒に暮らした6年間… ありがとう。キミのことは忘れないよ。)は感動的です。 (2002.3.23,Y.S.)


by ヘーベルレ・かおり
Flower Gallery
世界中からできるだけたくさんの人たちに見てもらえるように、母の水彩画を紹介するホームページを作りました。 現在、母は父とかわいいビーグル犬の世話をしながら日本に、私は主人とアメリカに住んでいます。ここ数年、母は個展を開く機会がなかったので、 このページを利用して今までこつこつと描いてきた絵を少しずつ紹介していこうと思いました。母に何か絵のコメントをいただけたら、ありがたいです。 (2002.3.30,K.H.)


by 今井 悦子
faire de la painture (絵を描く)
高校時代に美術部で油絵やイラストに親しまれ、卒業後は絵から離れられてましたが、2001年6月から今度は水彩画を描き始められました。 静物、花、風景、人物と多伎にわたる作品をご覧頂けます。その暖かい感触と色彩には思わず心がなごみます。旅のアルバム、ミッシェル・ポルナレフのページもありますよ。 (2002.4.27,Y.S.)


by みお
MIO'S ART GALLERY 気まぐれスケッチブック
子供の時から落書きが好きだったそうですが、最近水彩の魅力に取り付かれ、寸暇を惜しんでスケッチや絵を描いておられます。静物、花、風景、人物、イラスト、似顔絵、絵日記まで とにかく盛りだくさんのジャンルに日々挑戦中されておられます。ホンノリとした明るい絵にはひきつけられますよ。 (2002.5.4,Y.S.)


by 山里剛
Water of Life 水彩ギャラリー
絵も音楽もやりたかったのに、中学卒業の記念に美術の先生に絵をプレゼントしたらお返しに初任給で買ったという記念のギターをプレゼントされ、それがきっかけで音楽の道に入りこまれたそうですが、 描きたかった絵にも最近挑戦を始められました。乞うご期待です。本業の音楽のページ「GO's MUSIC PLANET」もお忘れなく。 (2002.5.11,Y.S.)

by 安藤 操
たそがれ絵描きの水彩画
「画歴だけは約20年と長いのですが いまだに気に入った作品が出来ません。  いろいろな描き方で苦労しておりますが、とりあえず見ていただこうと孤軍奮闘このホームページをやっと立ち上げました。」(2002.4.1,M.A.)と。 見てビックリ。ホンワカムードのすばらしい水彩画です。こんな絵が描けたらなと思います。 (2002.5.18,Y.S.)


by T.MIYAMA
滝の水彩画
なんとなく始められた滝巡りに何時しかはまり、滝の苔のみずみずしい色合いを 水彩画で描き始めると面白くなって滝ばかりを描いておられるそうで、すべて現場でスケッチされそれをもとに仕上げられています。 水彩画でもっとも難しいのは噴水と滝と私は思っているのですが、よく挑戦されるなと感服です。目下関西方面の滝ですがそのうちに全国制覇されることでしよう。 (2002.6.8,Y.S.)


by 小山益弘
Mashy Home Koubou
平成4年の12月3日に塗装職の仕事中足場から転落をして一生涯の障害を持たれたそうです。その後その大きな障害にもめげず陶芸に絵画にと励んでおられ、2002年の東京都障害者展に出展されるそうです。 障害を持って始めて経験されたことをいろいろととおして、我々に健康で生きていることをしみじみと考えさせるページです。 (2002.6.15,Y.S.)


by 平川穏毅
充つるとき 平川進一水彩画集
父進一さんの作品を世の多くの方々に発表される場として息子さんの穏毅さんがつくられたページです。 進一さんは既に多くの作品展にも出展されている実績の持ち主で、現在水彩画教室「アトリエひらかわ」を主宰しておられます。 味のある作品(花、風景、船、点景に分類されています)をお楽しみください。 (2002.6.22,Y.S.)

by 村上千鶴子
女性美の世界
「従来の美人画の手法と異なり独自の描法で 立体感を持った優美な美人画をめざして・・・とにかく 絵を描くのが好きだったからたくさん描いた。せっかく描いたのだから人に見てもらいたかった。」ということで 出来上がったページです。次々と作品が発表されることでしょう。「イメージの世界を表現」を意図した美人画を是非ご覧ください。 (2002.6.29,Y.S.)


by 衣笠 弘徳
レンタル絵画館
一枚の絵は想像以上にお部屋の雰囲気をかえてくれます。プロからアマチュアまで、風景や人物や静物や抽象画、水彩から油彩、日本画までの幅広い作品をレンタルする仕組みを考えられ発足いたしました。私の作品もお仲間に入れていただくことになりました。 どんどんとお仲間がふえ作品も膨大になって行くことでしよう。貴方もその中からお気に入りの作品を飾ってみられませんか。 (2002.7.13,Y.S.)


by 岩田 賢治
岩田賢治のスケッチ展
私と同じ様に年をとってから(56才)絵を描き始められたそうですが、私と違って先生にもつかれデッサンの勉強もされ、それをもとに 随所に創意工夫を駆使されて淡彩の水彩スケッチを楽しんでおられます。しかも自分だけでなく地域のために「八千代とその周辺を描く会」(会員170名)も主宰されています。 ちょっと真似できない絵の先輩です。 (2002.9.14,Y.S.)


by リゲル
蜜柑色の画廊
私にとって美人画を描くことは命がけです。文字通り高嶺の花を採りに行くようなもの。断崖絶壁をよじ登って精魂かけてやっととった時が1枚の美人画を描いたときです。 美人を描くことは容易ではありません。毎回、とても疲れます。もうやめてしまおうか、何度も思いました。しかし、やめたら私は生きがいを失うでしょう。 今や後戻りが出来ぬ所にいます。進むしかないのです。つたない絵ですがご覧いただければ幸いです。 (2002.11.30,リゲル)




by 飯村二郎
インターネット美術館
インターネット博覧会でお知り合いになった数少ない絵画に関係のある自由参加パビリオンのメンバーです。その後も ギャラリーへの作品(絵画、イラスト、写真)展示、約1ヶ月作品展示の企画展、特選作家の作品展示、ゲストブック登録者による談話室などを続けておられます。 あなたも作品を展示してみられては如何ですか。この度、私の作品も企画展(2003.1.1〜2.15)に出展させて頂くことになりました。 (2003.1.1,Y.S.)




by (株)ホンダ産業
Art & Craft FAN
Art & Craft FANは、アートとクラフトに関するインターネット上の総合情報誌です。
画材・各種素材等のインターネット通信販売をかねそなえて、2001年3月にOPENされました。 アートやクラフトにご興味のある方々のコミュニケーションの場として、掲示板や教室紹介、イベント・公募情報など盛りだくさんの情報を提供しており、 気軽にご利用いただけるサイトを目指しておられます。 (2003.2.1,Y.S.)


by ひよ
オンラインジグソーパズル
ジグソーパズルのお好きな方にお薦めのページ。ジグソーパズルといっても私のものより難しいですよ。こんなタイプのジグソーパズルがあることを 今まで知りませんでした。他にいろんなジグソーパズルのページへのリンクもあります。是非挑戦してみてください。 (2003.2.8,Y.S.)


by 太田 久勝
楽しく描こう水彩画
私は定年後に出来た余暇をどう過ごすかを考えた末に、絵を描くことを選びました。始めたのは1995年4月のことです。 この選択は正解だったと思っております。水彩画はまだマイナーに見られていますが、費用も掛からず手軽に出来て、しかも風景を描くために外へ出かけることも多くなり、健康にもとてもよい結果が得られるなど多くの利点があります。近年漸く淡彩・水彩スケッチが陽の目を浴びて、同じ趣味の仲間も次第に増え、今は絵筆三昧を満喫しています。 (2003.3.15,H.O.)



by 前田 和男
ギャラリー前田
「杉村画廊のネットで、沢山の人たちの画風、色合い、構図を みせて頂いて参考になっています。私も、透明水彩画を学び始めて 3年ほどの未熟者ですが、自分の教室の10数名の仲間以外に、 皆さんの仲間入りをして、退職後の余暇を有意義に過ごしたいと 思っています。」 (2003.8.30,K.M.)



by 鈴木 正美
:「山のスケッチブック」
登山したときスケッチを水彩、色鉛筆などで彩色してあります。小型のスケッチブックの見開き両面を使いパノラミックに描いています。 登った時の印象や、その山に関する「万葉集」などの詩歌とか、登山家の「山岳名著」についての短い文章ものせています。 (2003.11.22,M.S.)



by 長屋隆保
やすぼんの水彩部屋 
妻の絵手紙に励まされ 下手でもいいから水彩スケッチを描いてみようかなと始まった絵です。 上手に描こうという気持ちが湧くと人通りでスケッチするのが出来なくなってしまうので そんなことは考えず気持ちよく描くことで自分も満足し伴侶も付き合ってくれるはずと楽しんでいます。 (2004.7.5,T.N.)



by 福永佳郎
旅人の水彩画
退職後から始めた水彩画です。主として好きなヨーロッパの風景画を中心に構成しております。私の願いは、シニアの間に水彩スケッチが浸透し、 その輪が広がることです。自分が歩んだ道だからわかる「癒しの道」をお薦めたいのです。((2004.4.10,Y.F.)



by yume
自然はともだち ひともすき
人生後半ひたすら描きつづけた日本画と、時折りの随想などを集めてみました 恵まれた自然の中に生きるよろこびや、時とともに消えゆくふるさとの風景への愛着など、 地方に生きて心豊かな日々を、を念頭にこれからも描き続けたいと思います。 ((2004.5.15,yume)



by 中野瑞枝
MIZUE NAKANO WATERCOLOR
刻一刻変化する夕焼けのスライドショウ、風が見えるような木々の動き。自然 からどんなに沢山のものを戴いたか分かりません。水彩画の特徴を生かしながらそ の感動を描きたいと願っております。((2004.5.22,M.N.)



by 高柳堅司
高柳堅司 水彩画の世界
水彩画に魅せられ、25年が経ちました。  どなたの絵でも、見られることによって 絵の輝きが増すことと信じております。 「継続は力なり」をモットーに水彩の特性を 生かした、爽やかでホットするような絵に取り組んで生きたいと思っております。 ((2004.5.29,K.T.)



by 関根敏男
関根敏男淡彩スケッチの旅へ
スケッチブック片手に、ダーマートで街角や野山の風景をスケッチして歩くのは、何 とも楽しいものです。 日本の民家特に茅葺民家には心ひかれるものがあります。又ヨーロッパを訪れた時、 何世紀も前の建物が保存され、使われていることが心に残りました。 これらを50の手習いで描き始めて20数年進歩はありませんが、どうぞご覧になって下 さい。少しでも描く楽しみを感じていただければ幸いです。((2004.8.28,T.S.)



by 真野陽子
ねじあたま工房
イラストレーターのマノヨウコの作品展示サイトです。 たくさんのキャラクターと宇宙のイラスト満載です。 楽しい気分になりたい時にぜひどうぞ (2004.9.18,Y.M.)
私の妻の姪のページです。私同様可愛がってやってください。(2004.9.18,Y.S.)



by 福井良佑
水彩画テラス
父が絵描きだったこともあり、幼いころから絵を描いてきました。
ヨーロッパの風景・横浜、鎌倉の風景・花等を中心に展示しています。
基本的に人が好きなこともあり、カルチャーセンターで水彩画の講師をしています。
水彩教室アルバム・水彩ワンポイント講座も合わせてご覧下さい。 (2004.10.23,R.F.)


by 青柳三郎
青柳三郎油彩画展
退職後に好きな油彩画をライフワークとして、描いています。取材を兼ねた旅行が 好きで、その土地特有の風景や風物などを主題としています。適時、新作をUPします のでご高覧いただければ幸いです。 (2004.10.30,S.A.)


by 小橋智子
智子のアートギャラリー
老後の暇つぶしで水彩画、水墨画、絵手紙、ちぎり絵などを始めました。 我流のためコツがよく分かりませんが、見よう見真似でやっております。 自分なりに創意工夫するのが楽しいですね。 パソコンに慣れたらペンタブレットでのお絵かきにも チャレンジしてみたいと思っております。 (2004.11.20,T.K.)


by 松下勝明
勝明のギャラリー
透明水彩のみずみずしさと鮮やかさを自分の感性で素直に表現することを 心がけています。自己流に近い水彩スケッチ画を主に家内の書道作品と 自己流イタリア滞在記を掲載しています。2年前に定年退職しましたが絵を 描ける喜びで充実した毎日を過ごしています。 (2004.12.25,K.M.)


by ミケ
Space 彩
子供の頃から何気なく使っていた透明水彩絵の具ですが、あらため て向き合ってみたら
これが難しいけれど面白くて楽しくて。空間や 色彩を大切に自分色を出せたらと思っています。絵のことやその他 日々のことをブログに綴っています。 (2005.5.14,ミケ)


by 砂澤 正昭
押しかけギャラリー
ヤング・オールドがリタイヤ後描き始めた水彩・油彩の風景画が200点を超えましたのを 機会に参考書片手に立ち上げた風景画のホームページです。
よろしくご笑覧ください。 (2005.5.28,M.S.)


by 小林清
イラスト展示館
PCのペイント描きて゛、音楽のHPを公開しています方達へ、音楽の歌詞に合わせましたイラストを描き上げ採用されて、 掲載して頂いております。又、お仲間より写真を頂きましてペイント描きを併合して楽しんでいます、イラスト展示館のKOBAと申します (2005.6.4,K.K.)


by 花牟礼祐一
絵はがきにならない風景スケッチ
葦ペン・竹ペンを使った一風変わった水彩風景画ギャラリーです。厄年迎えて突然水彩画に目覚めた自称「千葉のゴーギャン」。 実情は基本も技術も滅茶苦茶ですが、マメな更新をモットーに(いや目標に)頑張っております。どうぞヨロシク。 (2005.6.18,Y.H.)


by 波多野成正
アーチストロッジ パレット
水彩画好きが嵩じて 那須高原に絵を描く人のB&Bアーチストロッジ パレットを開業。 高原で見つけた感動の場面を水彩で表現しきれる様に腕前を上げるのが今の夢です。 それから 本業もそこそこ 廻って感動しあえる仲間が増えると良いですね。 ・・・・・・と考えている私です。 (2005.8.27,N.H.)


by 谷口 初巳
「Tokyo Walkers Gallery」
2年に1度ヨーロッパの古都をテーマに個展をひらいて いますが、05年はイタリアの北西部のジェノヴァを中心とした リヴィエラ海岸の村や町を描いた個展を10月に開きました。 その時の作品を展示しております。また、教えているカルチャー センターの受講生の作品も展示しています。これは、受講生 自身には大変なインセンテイブで、皆さん張り切っています。 (2006.1.7,H.T.)


by 香久
香久-水墨画の部屋へようこそ

趣味で書きためた水墨画や陶芸、家に咲く花々と庭を 紹介する個人サイトです。いつでも気軽に墨の濃淡を お楽しみいただければと思っております。 水墨画で風景や四季の花々も描いております。 (2006.4.15,KAKYU)


by マッチャ
「やっぱり美術館が好き!」
大学時代、美術館めぐりが趣味でした。主婦になった今でもそれは変わりません。 このサイトでは、私(マッチャ)が素敵だなと思っている美術館を紹介し、 おススメポイントを分かり易く説明しています。 美術館の人気商品の紹介もしているので、美術館を訪ねる際の参考にしてください。 (2006.4.22,R.A.)


by 林 幸夫
「趣味の水墨画」
還暦からの挑戦・無限の墨色に魅了されて足掛け10年、薄い一枚 の画仙紙に濃淡・遠近感・質感・そして臨場感などを情感込めて描き、 観る人にやすらぎと感動を与えられるようなそんな墨画でありたい。 (2006.9.2,Y.H.)


by 吉村 昌一郎
「絵画悠々」
吉村昌一郎の油彩画作品約40点を展示しています。美しい風景、人、物などを解りやすく美しく描くことをモットーにしています。また定年後から絵を始めた作者の感覚による絵の見方、書き方についての小文などを付けました。 (2006.9.9,S.Y.)


by 東条 寛
「東条 水彩画の世界」
風景を中心にいろいろなジャンルに挑戦しています。水彩の透明感を活かしながら、やさしさの中にシャープさを表現したいと思っています。何かを感じてもらえるように、気持ちを込めてまっすぐに絵を描いていきますので、ぜひ一度ご覧になってください。 (2006.9.16 H.T)


by SYOJI
「ペンシルアート館 SYOJI」
えんぴつ画だけを展示している広さ30坪ほどのミニ美術館です。 F0号からF120号までの様々なジャンルの色えんぴつ画が展示されています。 (2006.11.11 SYOJI)


by ABE
「阿部加奈恵アートギャラリー」
猫、犬などの動物を始め、天使など人物をモチーフにした油絵 を展示されております。サムホールから120号まで様々な作品 を展示しておりますので、ぜひ一度ご訪問下さいませ。。 (2006.3.24 ABE)


by 原 敬夫
「湘南水彩サークル作品展」
湘南地区の同好者が集まって水彩画を描いているミニ・サークルです。皆素人ですが楽しんで描いております。 作品展は毎年数度行っております。順次掲載して参りますので、どうかご覧下さい。」 (2007.6.30 Y.H.)

by 中南 圭史
ハンドメイド額縁(オーダーメイド額縁・手作り本額縁)の記録

額縁と絵画 「アート館」店長 (中南圭史)のブログ (手造り額縁・手造り 鏡・店長絵画作品のご紹介もしております。) (2007.7.7,Nakanami)


by 岩田 悟
「PAINT COM」
「絵画愛好家のための交流の場を提供しています。誰でも自由に登録できるギャラリーや、
作品批評会スペースなどを用意しています。美術館の検索もここでできます。」(2007.9.29 IWATA)


by どっこら
「どっこら水彩画」
どっこらの気持ちで水彩画を描いています。どっこらの気持ちって何なんですか? あるいは私もその気持ちに共感できますという方、興 味が沸きましたらお気軽にご訪問ください。
水彩画の情報サイトとしてみなさん描くのが楽しくなるような水彩画の奥深さを提供できる、そんなサイトを目指しています。(2008.4.26 dokkora)


by miko
「mikoのPCアートライフ」
2002年5月頃、 ある書店で「大人のためのパソコン絵画」という本に出会い心が躍りました。 以来、30余年、地元で寺子屋学習塾運営のかたわら 生徒達や有志の受講生達とPC画を楽しんでいます。 2005年12月23日電彩アート正式講師認定(元)、 2007年4月1日NPO法人電彩アート正式講師認定(元)、 現在、シニア情報生活アドバイザー講師Taeko先生に師事。 丁寧なご指導のもと、奥深いPCスキルやPC画を学んでいます。 ご高覧いただけましたら光栄に存じます。 (2008.5.10,M.S.)


by Matumura
「色彩いやし工房◆水彩画」
癒しの空間を大切にしながら、水彩画をテーマに感動や思いをこ めて描くちいさな色彩いやし工房です。(2008.6.21 matumura)


by junsai
似顔絵工房
一枚の写真をもとにしてお客様に喜んでいただけるように 心を込めて描くことをモットーにしている似顔絵工房のてんとう虫です。 画材は身近な鉛筆と消しゴムだけのいたってシンプルなものですが 表現方法には試行錯誤でまだまだ苦労しているありさまです。 けれどもご注文されたお客様からは大変よく似ていると褒めていただいたこともあります。 価格もお安めにしていますのでこの機会にぜひどうぞ。 人物のほか、有名人、犬やネコなどのペットのご依頼も大歓迎です。 (2008.7.26 J.S.)


by 野島朱美
「野島朱美の透明水彩画へようこそ」
現場でスケッチした風景画を主に、季節を感じ光や空気などその場の感動を大切にしながら描いています。 海外在住の折描いた作品も多数展示しております。水彩教室も主宰しています。(2009.6.13 nojima)
デッサン描き方
上達ガイド

by 緒方
デッサン描き方上達ガイド
デッサンの描き方を上達させるには、日々の練習といくつかのポイントがあります。人物、静物デッサンの違いや、正しい画材の選び方など、基礎から徹底的に学んでいきましょう。 (2013.3.29,Ogata)


by 池田 至秀
「池田至秀アトリエ」
日本やヨーロッパの風景に詩的感動を求めて 主にこれまで油彩画を専門に描いてきました。 しかし 
最近では水彩画の爽やかで軽妙な魅力を再認識し描くようになりました。これも年齢を重ねたせいでしょうか。』 (2010.3.27 Y.I.)
鈴木安則の水彩画

by 鈴木
「鈴木安則の水彩画」
趣味悠悠に水彩画を楽しんでおります。山歩きや旅先等で出会った風景画が中心です。 (2010.10.30 Y.S.)

リンクボタン

相互リンクご希望の方を募集しています。
よろしければ右にあるリンクボタンをご利用ください。 杉村画廊リンクボタン

リンク1(絵以外)

元のページに戻るにはこの画面を閉じてください

直接この頁に来られた方は ここをクリックして他のページもどうぞご覧下さい


このページへの訪問者